「行動する ロータリアンに
〜 BECOME AN ACTIVE ROTARIAN 〜」

会長 金森 和治

会長 小林 洋   この度、53代会長を拝命させて頂きます。50周年のエネルギーを持続させ未来に向かって前進できるように、誠心誠意頑張りますので会員皆様のご協力をよろしくお願い致します。

 2017-18年度RI会長 イアンH.S.ライズリー氏は「ロータリー:変化をもたらす」「ROTARY : MAKING A DIFFERENCE」をテーマに掲げて、メンバー一人ひとりに「貴方は何が出来ますか」と問いかけています。

 国際ロータリー2610地区2017−18年度ガバナー 下口幸夫氏(加賀RC)は、地区活動方針を「クラブのカラーを出そう」として、RIの重点目標12点を上げ、各ロータリークラブの歴史と特色を出して一層推進するように提言しました。

 上記のRIテーマ・地区目標を前にして、当クラブが活性するには一人ひとりがもう半歩・一歩前に出て、クラブ活動に積極的に参加できるように、各委員会の委員長の皆様には、参加しやすい(興味を持ち達成感を感じる)試みをお願いしたいと思います。

 当初考えていたクラブ目標は、「恋しよう ロータリーに」を考えていましたが、あまりにも観念的でしたので、「行動する ロータリアンに」としました。それくらいロータリー活動に参加するのが好きになるように、クラブの雰囲気を盛り上げていきたいと思います。実践するには皆様のご協力が不可欠です。一丸となって目標に向かって活動しましょう。

(活動目標)
1.会員増強(会員数60人目標)
  各会員一人の友人を勧誘しましょう。
2.会員同士の友情を深める
  例会(夜間例会)・奉仕活動・行事等がいかに魅力的であるかを、一工夫凝らして開催しましょう。そして、退会防止に努めましょう。
3.ファイアー サイド ミーティングの充実
  3年未満の会員が、ロータリーの勉強会・行事・アフター5の楽しみを実感できるように作り上げていきましょう。
4.姉妹・友好クラブとの連携
  他クラブとの連携を通じて活動の輪を広げていきましょう。

画面上へ