クラブ奉仕
クラブ奉仕委員会
委員長  髙木 利定
クラブ奉仕委員会は、新たなロータリークラブ定款により「クラブ管理運営委員会」に属することとなりました。名称は「管理運営」となりましたが、当委員会の使命は、クラブを「管理」することではなく、会員1人1人の自主的活動をサポートし、クラブを活性化することにあります。クラブ奉仕は、奉仕プロジェクト(職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕)の基礎となるもので、クラブ奉仕委員会に属する9つの委員会の自主的な活動を最大限サポートしたいと思います。

画面上へ▲

会場監督委員会
委員長  本光 章浩
副委員長  細川 卓司

例会運営を円滑にすすめるよう努めます。ビジターや卓話の講師の方に品位のある対応を心がけリラックスして参加できるよう努めます。
予算額 20,000円

画面上へ▲

出席委員会
委員長  坂本 藩應
副委員長  澤田 幸壮

本クラブ例会への出席はもちろん、奉仕事業およびその他の行事や活動に積極的な参加を働きかけ出席率の向上を目指し、努力致します。
1.100%出席者の表彰を行う
2.メーキャップの奨励を行う
予算額 200,000円

画面上へ▲

公共イメージ委員会
委員長  中村 雅代
副委員長  長路 佳恵
委員  田辺 邦雄、切道 敏郎、岩木 敏子、徳沢 真二、田中喜久代

金沢西ロータリーを好きになってもらう活動を行う。
会報は、原則2ページ・カラー印刷で毎週作成する。
会報には、当クラブの情報・当クラブの会員の情報などを載せるなど、楽しめる紙面づくりを目指す。
予算額 1,350,000円

画面上へ▲

親睦委員会
委員長  岩多  剛
副委員長  細川 卓司
委員  本光 章浩、大久保範繁、中西 快樹
    中川 博義、中川  勉、中村  裕
    児島 邦昌、岩木 敏子、田中喜久代
    加世田 務、徳光 伸治、吉田 尚弘
    中野 敦彦、徳久 宏子、加藤 亘康

1.例会受付は12時から各委員が明るく元気よく迎える。
2.ビジターを歓迎し、テーブルへの誘導、案内を親切に行う。
3.会員の誕生日、結婚記念日に祝意を表すためお祝品を贈る。
4.会員相互の親睦を図るため親睦旅行、各種パーティ等の楽しい企画を立て実施する。
予算内訳
1. 誕生日 40万
2. 旅行補助 20万
3. パーティー 50万
4. 歓迎会補助 10万
5. 予備費 10万
予算額 1,300,000円

画面上へ▲

姉妹・友好クラブ委員会
委員長  高橋  功
副委員長  酒谷 彰男
委員  越原 裕一、中村 雅代

姉妹クラブ 台北西ロータリークラブ
友好クラブ 山形西ロータリークラブ、浦和東ロータリークラブ
本年度も浦和東ロータリークラブとの合同例会を開催し、継続的に親睦を深めたいと思います。
予算額 50,000円

画面上へ▲

プログラム委員会
委員長  円城 将義
副委員長  田中喜久代
委員  丸井  洋、坂本 藩應、松本  仁

会長方針に沿い、
 ・会員増強
 ・魅力的な例会づくり
につながる卓話の企画を行います。卓話講師は、有力な会員候補になる可能性があり、その観点も含めた講師選定を行います。
 また、過去の卓話を振り返り、違った観点、切り口からの講師検討を行います。
 会員卓話は、会員同士の友情を深める面から重要と考え、これまで卓話をされていない方にも依頼し、互いの理解を深める時間として活用したいと考えています。
 予算の有効利用のためには、自治体からの出張講座を組み込み、自治体の持つリアルタイムな地域の文化・産業・政策などの情報を得るための有意義な卓話を行いつつ、コスト節約の機会としても活用します。
予算額 400,000円

画面上へ▲

ニコニコ委員会
委員長  徳久 宏子
副委員長  長路 佳恵
委員  中川 博義

本年も、年間150万円を目指してがんばります。
皆様の全員で頂いたニコニコは毎週感謝の気持ちをこめて発表し、より多くの方がニコニコにご協力いただける雰囲気作りに尽力いたします。
目標額 1,500,000円

画面上へ▲

職業分類・会員選考委員会
委員長  田川 孝三
副委員長  丸井  洋
委員  前田典千代
(職業分類)
会員増強委員会と密に連携し、職業分類の未充填会員の補填等、会員増強に協力する。
会員選考
ロータリアンとしての人格、事業内容、社会的地位等、総合判断して選考する。
予算額 10,000円

画面上へ▲

会員増強委員会
委員長  古谷 謙明
副委員長  野村 陽逸
委員  橋本 昌子

会員数の目標を60人とします。
メンバー全員が危機意識をもって、お友達作戦を展開出来るよう協力します。
各メンバーが一人ずつ候補を挙げて入会に向けて積極的に行動すれば、道は開けるのではないかと思います。名簿化。
職業分類で会員がいない業種に的を絞り候補者を選定する。名簿化。
予算 10,000円

画面上へ▲

ロータリー情報委員会
委員長  辻   卓
副委員長  新谷 鎮夫
委員  井上 三郎、清水  浩

全ての会員にロータリーの良さと楽しさを理解して貰う事を主眼とし、その為の情報を各種の手段で伝達する。
具体的には
⑴ 新入会員へのオリエンテーション実施(入会時)
⑵ 年間3~4回のファイヤサイドミーティングを実施し、新旧会員の親睦とロータリーに関する情報の浸透を図る。
⑶ 新入会員の地区行事への積極的参加を図る。
予算額 100,000円

画面上へ▲


職業奉仕
職業奉仕委員会
委員長  松井 孝憲
副委員長  角田 信夫
ロータリアンとして高い職業倫理を保ち、自らの職業において日々実践し他への模範となるよう努め、社会に奉仕する。
1.四つのテストの唱和
2.職場見学、セミナー等の実施
予算額 60,000円

画面上へ▲


社会奉仕
社会奉仕委員会
委員長  清水  浩
副委員長  徳沢 真二
委員  松本  仁、野村 陽逸、中村  裕

今年度も「北陸地区ろう学校親善体育大会」開催にあたり石川県ろう学校への一層の支援を実施する。
予算額 300,000円

画面上へ▲


国際奉仕
国際奉仕委員会
委員長  松本  仁
副委員長  中川 修一
委員  作田 昭七

① 前年に引続き、長期交換プログラムにより、一年間の海外留学生を受け入れます。
 ホストファミリーの受け入れ、又、留学生が有意義な一年間を過ごせる様、クラブ会員の協力のもとサポートしていきます。
② 世界社会奉仕委員会の活動に協力する。
予算額 300,000円

画面上へ▲

ロータリー財団委員会
委員長  橋本 昌子
副委員長  切道 敏郎
委員  北村 治俊

ロータリーの奉仕の理念に基づき人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることを目的とします。
ポールハリスフェローなど年次寄付を5名の方にお願いします。

画面上へ▲

米山記念奨学会委員会
委員長  新谷 鎮夫
副委員長  和田 英夫
委員  高森 外夫

国際奉仕活動の観点からも会員各位の好意の一助を切にお願いいたします。
① 普通寄附として、年間1人6,000円を目標としています。
② 特別寄附として、3名を目標としています。

画面上へ▲


青少年奉仕
青少年奉仕委員会
委員長  越原 裕一
副委員長  大久保範繁
委員  加藤 肇夫

・金沢高校インターアクトクラブに対する継続支援、又活動が積極的に行なわれるよう援助する。
・他RCと青少年に関する共同事業に協力する。
・金沢高校で行なわれる8月のインターアクト年次大会の成功。
・IAC会員増強に努力する。
予算額 300,000円

画面上へ